Homeコラム一覧>第10回コラム フッ化物による虫歯予防法(その3)

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
4月の臨時休診日
6日(金)、20日(金)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第10回
フッ化物による虫歯予防法 -フッ素洗口法-(その3)

フッ化物洗口法は、毎日または週1回の頻度で萌出後の歯の表面にフッ化物イオンを作用させる方法です。この方法は家庭で個人的に行うことができ、学校単位での実施することもできます。実際、幼稚園や小学校低学年から集団で洗口を行う地区もあります。

洗口法は永久歯の萌出(歯が生えてくること)時期に開始するのが一般的ですが、フッ素の洗口法はフッ素の体内への過剰取込みを防止するため、うがい水を飲み込ませない確実なブクブクうがいと吐き出しができる年齢から開始します。一般的に4歳から成人、老人まで広く適応され、特に、4歳児(幼稚園児)から開始し14歳(中学生)まで継続することが望ましく、その後の年齢においてもフッ化物は生涯にわたり継続することが効果的です。虫歯治療後のう蝕再発防止や矯正装置を装着した方への利用も効果的です。

作用効果を確実なものにするために、30秒〜1分間の持続したブクブクうがいが必要になるので、事前に水で練習させ飲み込まずに吐き出させることが可能になってから開始します。フッ素洗口後30分間は、うがいや飲食物をとらないように注意しなければなりません。また、フッ化物洗口法と他の局所応用法を組み合わせて実施しても問題はありません。

フッ化物は薬剤です。
薬剤管理は剤品の形状によっては劇薬指定になり、歯科医師あるいは薬剤師の指導のもと取り扱い、家庭で実施する場合は歯科医師の指導のもと保護者が薬剤を管理しなければなりません。
洗口に用いるフッ化物はフッ化ナトリウム(NaF)溶液を一般的に使用します。
フッ化物洗口剤には商品名ミラノールと商品名オラブリスがあり、使用濃度が調整しやすいミラノールが未成年者には多く用いられます。また、近年は450ppmFのバトラー洗口液も市販されています。(下記写真参照)

▼写真
乳歯(赤ちゃんの歯)の癒合歯写真

毎日の洗口法には0.05%NaF(226ppmF)または0.1%NaF(450ppmF)の溶液を用い、週1回法では0.2%NaF(900ppmF)溶液を用います。
成人に対する洗口法の効果判定については自衛隊員に行われた臨地研究結果があります。宿舎生活をして同じ生活環境で同じ食事をする自衛隊員に2年間の協力を得て行った研究です。隊員を2群にわけ、低濃度の洗口(0.05%NaF、週に5日使用の毎日法)を2年間行いました。その結果、対照群(フッ素洗口をしないグループ)と比較して約40%のう蝕予防効果が確認されています。

これらの結果をふまえ、成人に対するフッ化物プログラムはフッ化物配合歯磨剤(NaF:950ppm以上)と0.05%NaFフッ化物洗口の同時併用が有効とされています。
歯が緊密に接触している部はフッ化物配合歯磨剤も洗口液も到達しにくいので、フロスにフッ化物配合歯磨剤を塗布して擦り込ませることが有効です。

参考文献について
  • 眞木吉信:
    フッ化物応用の化学的アプローチ、日本歯科医師会雑誌、62:81-86,2009
  • フッ化物応用研究会編:
    う蝕予防のためのフッ化物歯洗口実施マニュアル、社会保険研究所、東京、2003
  • フッ化物応用と健康−う蝕予防効果と安全性− 
    日本口腔衛生学会 フッ化物応用研究委員会編、口腔保険協会発行、
    ISBN 4-89605-142-4 C3047.

前へ コラム一覧へ 次へ

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.