Homeコラム一覧>第25回コラム 床型矯正2 永久歯の交叉交合

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
9月の臨時休診日
20日(木)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第25回
床型矯正2 永久歯の交叉交合

子供の歯(乳歯)から大人の歯(永久歯)の交換の際、歯の生え方や歯の傾き具合、前歯のスペース不足によって逆咬みになるお子さんがいます。1歯から数本の歯が逆に咬む症状で骨格性に異常がなければ交叉咬合と呼ばれる不正交合です。一般的に、取り外しの矯正装置(床型矯正装置)を使用して治療をしていきます。取り外しの矯正装置(床型矯正装置)は本人が取り外すので、決められた時間お口の中に装着しなければ効果が得られません。本人の性格にも左右されますが保護者の方とご家族の協力度高い程治療期間が短くなります。
症状の軽い方は夕方から夜間就寝時の使用になりますが、逆咬み(交叉咬合)の本数や咬み込みの深い方、前歯のスペース不足に起因する不正咬合ではお食事時間と運動時間以外のほぼ一日の装着が必要になります。いずれにせよ、治療前の診査診断が必要になります。
写真1は7歳のお子さんで右上の前歯が逆に咬み込んでいます。この状態では、上下の歯が咬み込んだ後に下顎を前後左右に動かして食物をすり潰す事ができません。全体的に歯並びが悪いので将来全額矯正治療が必要になりますが、長期間放置すると左右の顎の成長が非対称になります。また、顎関節症を発生する確率が高くなります。そのため床型装置で前歯の逆咬みの治療を最初に行うことになりました。床型装置には歯の裏側から歯を前に押すスプリングを組み込んでいます。上下の歯が咬み込むと下の前歯が邪魔をして上の前歯を前方に移動する事が難しくなります。そのため、奥歯の咬む面を樹脂で覆い噛み合わせを高くする構造になっています(写真2)。床型装置を装着し、右上前歯の咬み合わせの治療を終了しました(写真3)。この後、成長をみながら本格的な矯正治療に入ります。

参考文献について
  • 黒須一夫:現代小児歯科学基礎と臨床,医歯薬出版,東京,1987.
  • 町田幸雄:乳歯列期からはじめよう 交合誘導,一世出版,東京,2006.
  • 山口秀晴 監修:知っててほしい 歯科矯正治療の基本,わかば出版,東京,2008.

前へ コラム一覧へ 次へ

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.