Homeコラム一覧>第34回コラム 指しゃぶり7 吸指癖の後遺症4 (筋機能訓練2)

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
9月の臨時休診日
20日(木)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第34回
指しゃぶり7 吸指癖の後遺症4 (筋機能訓練2)

舌癖の筋機能訓練は舌の筋肉の力を強くする、唇や頬・唇の周りの筋肉をつける、正しい飲み込み方を覚える、トレーニングで覚えた舌の位置や唇の状態を保ち、日常の生活のなかで正しい飲み込み方を習慣にすることを目的としています。
 口をポカーンと開けていることがある。
 舌が前に出て唇に触れている。
 舌が上と下の前歯の間にある。
 口を開けて食べている。
 あまり咬んでいない。
 食べこぼしが多い。
 固い食べ物を嫌う。
 一度にたくさんほおばって食べる。
 舌を前に出して食べ物を迎えに行く。
 食事中水分(お茶、水など)を多くとる。
上記にあてはまる項目があれば舌の筋機能訓練が必要になる割合が高くなります。

筋機能訓練の流れは、最初に舌の動きをよくするエクササイズを行い舌に力をつけます(写真1)。次に正しい舌の位置と唇の状態を覚えます。唇を閉じて上顎の矢印の部位に舌の先端を押しつけます(写真2)。唇を軽く閉じ舌を顎につけ(写真3)奥歯を咬んで飲み込む練習をします。口の周りの筋肉のトレーニングの種類をさらに増やし、筋肉の力をつけます。夜寝る時に舌が前歯の間に挟まらず、意識をせずに唇を閉じられるよう練習をステップアップしていきます。時間をかけて舌の動きを覚え、舌を動かす筋肉を鍛え、無意識でも口元が開かないよう筋肉を鍛える訓練です。そしてパーツとして覚えた一つ一つの動きを最終的に一連の動きへと組み立てていく作業を行います。
トレーニングを本人だけにまかせるのでは残念ながらゴールに到達することは難しく、長期間のトレーニングになってしまいます。お家で一緒に練習を行い、あたたかく見守るご家族のサポートが必要です。

参考文献について
  • 黒須一夫:現代小児歯科学基礎と臨床,医歯薬出版,東京,1987
  • 町田幸雄:乳歯列期からはじめよう 交合誘導,一世出版,東京,2006
  • 山口秀晴 監修:舌のトレーニング,わかば出版,東京,2009
  • 山口秀晴 他監修:MFT入門,わかば出版,東京,2007

前へ コラム一覧へ 次へ

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.