Homeコラム一覧>第41回コラム 歯のクリーニングで心臓発作、脳卒中のリスク軽減

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
4月の臨時休診日
6日(金)、20日(金)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第41回
歯のクリーニングで心臓発作、脳卒中のリスク軽減

定期的な歯石除去は歯を美しくするだけでなく、心臓発作や脳卒中のリスクも下げる可能性があるとする研究結果が、2011年11月に米フロリダ(Florida)州オーランド(Orlando)で開かれたアメリカ心臓協会(American Heart Association、AHA)の学会で発表されました。台湾の台北栄民総医院(Taipei Veterans General Hospital)の研究チームが、心臓発作または脳卒中の発祥歴のない10万人以上を平均で7年間にわたって追跡調査を行った研究です。
その結果、歯科医または歯科衛生士に歯石を除去してもらったことがある人は、一度も除去してもらったことがない人に比べ、心臓発作リスクが24%、脳卒中リスクが13%、それぞれ低く、少なくとも1年に1回、歯石除去を受けている人は、どちらのリスクも目立って低くなっています。
研究者は、専門家による歯石の除去で、心臓発作や脳卒中につながる炎症を引き起こすバクテリアの増殖が抑えられるためではないかと考察しています。口腔内環境を衛生的に保つ事の重要性は以前から様々報告されています。歯周病が心臓発作や脳卒中のリスクを高めるとする別の調査報告もあります。定期的な歯石除去が、心臓発作・脳卒中リスクを減少させるのに有効であることは今回の研究結果から初めて分かりました。今後は、歯石除去が心臓や血管の機能をどのように改善するかなど、さらなる研究が必要とされています。歯石除去は食事をするための口腔内環境を維持するだけでなく、全身状態の悪循環を引き起こすリスクを低減するのです。
歯をクリーニングしてから3か月で歯の表面にバイオフィルムという細菌が歯に付着するための皮膜が形成されます。バイオフィルムに歯垢が付着しはじめると、歯ブラシではとれない歯石が沈着します。歯周病原菌は歯の周囲の骨と歯肉組織の神経を麻痺させる毒素をだします。そのため歯周病は痛くなく進行し、歯の根の周囲の骨や歯肉を破壊します。歯周病が重度に進行すると最悪の場合、自然に歯が抜け落ちてしまうのです。心臓発作・脳卒中リスクを軽減させ、歯周病菌を除去するためには3-6月に一回は歯石除去が必要なのです。

参考文献について

前へ コラム一覧へ 次へ

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.