Homeコラム一覧>第44回コラム 歯周病-3 歯周病はカンジダ菌(口のカビ)でひどくなります

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
9月の臨時休診日
20日(木)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第44回
歯周病-3 歯周病はカンジダ菌(口のカビ)でひどくなります

口の中の常在菌である真菌(かび)の一種、カンジダ菌が歯周病菌の歯肉への侵入を進行させるという日本の研究結果が発表されています1-2)。この研究論文の一部は「カンジダ菌が口の中で増殖した場合、歯周病菌の働きが3倍も高まる。」という実験結果で、微生物学と免疫学に関する国際的な学術雑誌「Microbial Pathogenesis: マイクロバイアルパソジェネシス」にも掲載されました。カンジダ菌は中高年になると検出される割合が増え、50代では約半数の人から検出されます。中高年がカンジダ菌の保有率や歯周病になる割合が高いことなどをふまえて、「カンジダ菌が口の中で発生した場合は、歯周病の原因菌である歯周病菌の働きが高まる」という仮説を立てて実験を行っています。シャーレ内で人の歯肉の細胞を培養し、カンジダ菌と触れた細胞と触れていない細胞の歯周病菌を取り込む割合を比較計測しています。その結果、カンジダ菌と触れた細胞は、触れていない細胞の3倍も歯周病菌を取り込みやすいことが確認され、歯周病がカンジダ菌で進行することを突き止めたのです。
歯周病菌は歯周病だけでなく、動脈硬化などの原因の一つとも言われており、口の中を清潔に保つことはこれらの予防にもつながるといえます。歯磨きやうがい、入れ歯の手入れなどによって、歯周病や動脈硬化、ひいては心筋梗塞などのリスクを減らせるという、口腔内環境改善の重要性を再認識する結果なのです。ストレスや疲れなどで抵抗力が落ちると、カンジダ菌は活発化します。とりわけ高齢者ほどカンジダ菌も活発になりやすいのです。お口のお手入れによって口腔内環境がよくなれば、このようなリスクも減ります。たかが歯磨き、入れ歯の洗浄と思っていてはいけないのです。入れ歯のお手入れ不足はカンジダ菌が増殖する可能性が高いので特に大切です。食後、洗わずそのままになってしまうと、カンジダ菌が増殖します。入れ歯のばねがかかっている歯も汚れやすいので、丁寧に磨いて下さい。外出時など入れ歯の清掃ができないときは、お茶などの水分を多く摂り、お口の中に食べかすを残さないように工夫しましょう。目に見えない細菌が大きな病気を引き起こし、口の中の衛生状態の悪化が万病の引き金になりますので、十分なケアと予防が必要になるのです。日頃から意識的に取り組めば、より健康で長生きできるのです。

参考文献について
  • 玉井利代子, 杉山明子, 清浦有祐: Candida albicansによる, ヒト歯肉線維芽細胞へのPorphyromonas gingivalisの侵入菌数の増加, Journal of Oral Biosciences 52(suppl): 107 -107 2010
  • 玉井利代子, 清浦有祐: The effect of heat-killed Candida albicans on the response of macrophages to bacterial components, JAPANESE JOURNAL OF BACTERIOLOGY 65(1): 65 -65 2010

前へ コラム一覧へ 次へ

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.