Homeコラム一覧>第51回コラム 歯周病と虫歯治療のNews and Topics 1(抗酸化力アップで歯周病治療)

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第51回
歯周病と虫歯治療のNews and Topics 1(抗酸化力アップで歯周病治療)

岡山大学は水素水の摂取に歯周病を予防する効果があることを動物実験で証明したと発表しました。
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科予防歯科学分野の森田学教授のグループが、水素水の摂取に歯周病を予防する効果があることを動物実験で世界で初めて証明したとのこと。この研究は、ヨーロッパの歯周病専門雑誌 Journal of Clinical Periodontology 2011 年 12 月号に掲載されています。水素は、抗酸化物質の一つです。この研究の成果は、水素 水の摂取などで全身の抗酸化力を高め歯周病の予防に効果的であることを示唆しています。
水素水は分子状の水素が水に溶けた溶液で、分子状水素はこれまでの各所の研究で活性酸素によるダメージを軽減することが報告されており、さまざまな疾患への治療や予防効果が期待されています(活性水素水と呼ばれるものがありますが、これはまったくの別物です)。
森田学教授のグループはラットに歯周病を惹起させた後に2 群に分け一つの群に蒸留水を、別の群に水素水を摂取させました。その結果、蒸留水を与えたラットでは、経時的に血液中の活性酸素の濃度が高まりました。一方、水素水を与えたラットでは血液中の活性酸素の増加が抑えられていました(図1)。さらに、水素水を与えたラット歯茎の組織を観察したところ、蒸留水を与えたラットと比べて歯周病の進行が抑制されていることが確認されました。多くの研究から、歯周病の進行に活性酸素が関わることが知られています。本研究の結果は、水素水の摂取に伴う活性酸素の減少が結果として歯周病の進行を予防した可能性を示しています。(研究に使用した水素水は市販品で、水素濃度800-1000μg/Lを一日2度交換)
今回の研究から,水素水摂取に歯周病の進行抑制効果があることがわかりました。現在、歯科では歯磨きや歯石除去など、ほとんどの場合口腔内に限局した歯周病予防を行っています。この研究の成果は、水素水の摂取による全身の抗酸化力を高めることが歯周病の予防に効果的であることを示しています。 歯磨きや歯石除去といった口腔内での歯周病予防のほかに、全身への抗酸化療法を行う新しい歯周病治療法が開発される可能性が高まっています。

参考文献について

前へ コラム一覧へ 次へ

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.