Homeコラム一覧>第58回コラム 歯周病と虫歯治療のNews and Topics 5(虫歯ワクチンの研究開発)

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第58回
歯周病と虫歯治療のNews and Topics 5(虫歯ワクチンの研究開発)

インフルエンザの流行の季節になると、予防のためにインフルエンザワクチンを接種される方が増えてきます。インフルエンザに限らず、ヒトは生まれてから成人になるまでの間に多数の予防ワクチンを接種します。「虫歯や歯周病予防のワクチンはないの?」と質問される方もいらっしゃいますがまだ実用段階には達していないのが現状です。
長崎大学、大阪大学、新潟大学の三大学が研究グループを組み「抗う蝕ワクチンに関する研究」を開始しています。この研究は、う蝕の原因菌であるミュータンス菌がもつグルコシルトランスフェラーゼという酵素を標的にしたワクチン開発で、実際に抗原性を有し細菌の酵素活性を抑制できる抗体を誘導できたとの成果発表を行っています。今までは、試験管内での研究とその解析でしたが、今後はラットを使用した実験系へと開発研究が進むとのこと。将来この抗体産生系をお米に遺伝子導入すると、虫歯の「食べるワクチン」として応用できる可能性が高いとのこと。乳歯のときにお米に導入された抗う蝕ワクチン米を食べれば、永久歯の生え変わり以降に歯に虫歯菌が付着しにくくなり、成人になっても虫歯になりにくい口腔内環境になると研究グループは考察しています。
実際の臨床応用にはいくつかのハードルを超える必要があります。特に組み替えDNA食品のヒトへの影響と生物界に与える影響を考慮しなければなりません。


参考文献について
  • DNAワクチンによるデンタルプラーク形成抑制とそれによる抗う蝕作用の検討
    Inhibition of dental plaque formation and determination of anti-cariogenic effect by DNA vaccine
    Research Project Number:15390639:http://kaken.nii.ac.jp/d/p/15390639.en.html

前へ コラム一覧へ 次へ

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.