Homeコラム一覧>第65回コラム 歯周病と虫歯治療のNews and Topics 10(保険でのセラミック治療)

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
4月の臨時休診日
6日(金)、20日(金)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第65回
歯周病と虫歯治療のNews and Topics 10(保険でのセラミック治療)

 2014年4月の保険改正で高度先進医療の保険導入が行われ、歯科分野でもいくつかの新しい材料が保険治療に認可されました。今まで自費治療でしか使用できなかった、セラミックの一部であるハイブリットセラミック(セラミックとプラスチックの混ぜ物:自費治療で3万円〜6万円程の負担額)をCAD/CAMというコンピューター制御機器で作製し、全部被せる歯を作る治療を保険で行うことが可能になったのです。

 従来の保険でのムシ歯治療ではムシ歯の範囲が広く、全て被せて治すには原則として銀歯を被せる治療しか選択できませんでした。今年の保険改正により小臼歯(前から4番目と5番目)の歯の治療に、ハイブリットセラミックというセラミックで被せる治療が可能になりました。ただし条件があり、夜間の歯ぎしりや日中の食いしばりの癖がなく、根の状態がしっかりしていること。咬み合わせ等の条件をクリアすることができれば治療が可能になります。治療内容に制約があり、ブリッジには残念ながら使えません。笑って見える場所にある銀歯を、今まで自費治療でしか使えなかった材料でも治療することが可能になったのは、患者さんにとり朗報だと思います。しかし、白いセラミック色でもホワイトニングをした後の真っ白な色の選択はできず、日本人の平均色の歯の色の選択しかできません。治療の際にX線写真の検査が必要です。また、根の治療が済んだ後に入っている金属の土台は表から透けて見える場合があれば交換しなければなりません。


 治療の費用ですが、ハイブリットセラミックの型とりとセラミックの装着で3割負担の場合、1〜2万円の治療費になります。被せる歯に歯石や飲食物の色素、タバコのヤニなどが付着していると歯石取りなどが必要になり、土台のやり替えや歯の神経治療が必要な場合も別途保険治療の費用が必要になります。この治療は全ての歯科医院では行えず、施設基準という法律の基準を満たし、厚労省に届け出を出し、認可された歯科医院でしか治療ができません。当院は厚労省に届け出を出し基準をクリアしていますので、CAD/CAMを使った保険でのハイブリッドセラミック治療が可能になります。ご希望あれば、相談下さい。


フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.