Homeコラム一覧>第66回コラム 歯周病と虫歯治療のNews and Topics 11(歯周病リスクと幸福感の関係 )

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第66回
歯周病と虫歯治療のNews and Topics 11(歯周病リスクと幸福感の関係 )

製薬会社の「第一三共ヘルスケア」が「歯周病リスクと生活の質に関する実態」の調査を2013年9月に30〜50歳の男女1355人に行ったところ、歯周病リスクが低い人ほど「自分は幸せだと思っている」との結果が出たとのこと。さらに、歯周病のリスクが低い人は「精神的なストレスが溜まっていない」、「疲労感がない」、「質が高く深い眠りを得ている」というデータ結果も出ています。歯周病リスクのもっとも低い人のグループ中の62.5%と、次に歯周病リスクが低い人(中)のグループ中の59.9%が「自分のことを幸せだと思う」と回答し、反対に歯周病リスクが高めの人のグループの中では26.9%、それに次いで歯周病リスクが高い人のグループでは26.2%の人が「幸せだと思わない」と答えていることもわかりました。

以下のアドレスに上記の調査に仕様した歯周病リスクのアンケートが掲載されています。
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20140206-00010005-biz_dime-nb

歯周病リスクと、幸福感の結びつきは考えつきませんでした。過去にライオンとサンスターも歯周病に関する調査を行っていて、「歯を半分以上失ってしまった高齢者と、歯周病のターニングポイントの30〜40歳代に聞いたアンケート調査」では、歯を失った主な原因として一番多かったのが、男性の60%、女性の48%が「歯周病」と回答しています。また、「歯の調子が悪くなり始めた」と意識した年代は、女性の30〜40歳代が一際多く、妊娠・出産を経験する時期と重なっています。
10〜60代の男女1000人に実施した「歯周病およびオーラルケアに関するアンケート調査」によれば、日本人成人の約8割がかかっているにもかかわらず、「自分は歯周病ではない」と思っている人は約7割にも上る、という危険な結果も出ています。

歯周病は本院のこのコラムでも様々お伝えしていますが、歯の周りの組織(歯茎や歯を支える骨)に発生するプラーク(歯垢)の歯周病菌による細菌感染症で、進行すると歯を支える骨が溶けて歯がなくなり、場合によっては糖尿病や動脈硬化などにも悪影響を及ぼすとても怖い病気です。日々の歯磨きが大切なのはいうまでもなく、歯科医院で定期的に見てもらうのは予防のためにも必要不可欠だと思います。

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.