Homeコラム一覧>第80回コラム 歯周病と虫歯治療のNews and Topics 21(虫歯予防とハードタイプチーズ)

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第80回
歯周病と虫歯治療のNews and Topics 21(虫歯予防とハードタイプチーズ)

 WHO(世界保険機構)が、虫歯になるリスクを減らす食べ物として、シュガーレスガムと並びハードタイプのチーズをトップに上げています。ハードタイプのチーズは水分が少なく熟成期間の長いものを示し、チェダー、パルミジャーノ、ミモレットなどが有名です。
 食事をすると歯に歯垢(プラーク)が付きます。この歯垢は細菌の塊で、細菌が糖を分解して作る「酸」が歯を溶かします。口内のpHは何もしていない時は6.7程度の中性に維持されています。(pHの数値は酸性、アルカリ性を示します)糖を含んだ飲食物を摂取すると歯垢(プラーク)の細菌が酸を生産し口内のpHがどんどん低下し、pHの数値が5.5以下(酸性)になると歯が溶け始めるのです。これが「虫歯の発生」です。
 Academy of General Dentistry (アメリカの研究機関)が12歳〜15歳の子どもを3グループに分け、それぞれのクループにチェダーチーズ、無糖ヨーグルト、牛乳を与え、飲食後に口をゆすがせ歯の表面に付着している歯垢のpHを10-30分と測定しました。その結果、ヨーグルトと牛乳を摂取した子どものpH値に変化はなく、チーズを食べたグループだけが食後のpHが高くなったそうです。
 チーズにはリン酸カルシウムがたくさん含まれています。リン酸には、唾液のpHが酸性に傾き歯の表面が溶けて虫歯になるのを防ぐ作用があります。またカルシウムが唾液中に多く供給されると再石灰化(歯の表面からその成分が溶け出しても再び硬い歯質に戻る)を助けます。チーズに含まれるタンパクのカゼインが歯の表面のエナメル質を保護し、ミュータンス菌の付着を抑制するともいわれています。また、チーズはpH値を調整する唾液の分泌を促進するため、アルカリ性が強まる可能性もあるようです。食後にハードタイプのチーズを2〜3口よく咬んで食べると、唾液にチーズの成分が溶け出して効果的だといわれています。しかし歯を酸蝕させ溶かする効果があるワインと一緒にチーズを食べるとチーズの虫歯予防効果は減るので注意が必要です。

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.