Homeコラム一覧>第96回コラム こどもの矯正はいつからできますか? Part 4

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
9月の臨時休診日
20日(木)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。


第96回
こどもの矯正はいつからできますか? Part 4 (小児予防矯正、マウスピース)

 こどもの矯正は、永久歯がまだ生えていない乳歯の時に開始する、乳歯から永久歯への抜けかわりの途中で行う、乳歯がすべて抜けかわるのを待って治療する場合に大別されます。予防矯正(小児予防矯正)は乳歯だけの時か抜けかわりの途中で行うことが多く、顎の骨が成長発育を活発におこなう顎骨の発育が旺盛な時期で、歯の抜けかわりのタイミングと顔面周囲の筋肉の力を利用します。そのため、永久歯がすべて生え揃った状態で前歯が裏側に生えてしまった、八重歯になり前歯がガタガタになってしまった等の事例では予防矯正はできません。この場合、大人の歯を抜いて隙間を作る方法か、歯と歯の間を削って隙間を作りその隙間の場所に歯を移動させる本格的な矯正治療をおこないます。

写真1は初診時が中学生、右上の前歯が1本裏側に生えた、八重歯、下の前歯がガタガタに並んでいるのを治療したいと本院に来院されました。上段横一列の写真が初診時の口腔内で上下の前歯がガタガタ並び、右上の前歯が一本内側に生えています。中段横一列の写真は上下左右4番目の歯を計4本抜歯した後、矯正ブラケットを装着し右上2番目の前歯を入れる隙間を作り手前に引っ張り出す準備をしています。最下段は矯正終了時の写真になります。一般的な矯正治療はこの写真のような順番で治療が進みます。

写真2の上段と下段は同一人です。上段は10歳11か月の時の写真、下段は一年後の11歳11か月時の口腔内写真です。上の前歯の出っ歯と、上下の深咬み、下の前歯がガタガタなのが気になると来院されました。上顎前突、過蓋咬合、前歯部叢生という診断名になります。矯正検査と分析を行った結果、条件に適合したので上下一体型のマウスピースタイプの装置を使用して予防矯正を行いました。夜間就寝時間と起きている間の1時間〜2時間の使用を指示しました。毎日休む事なく使用し、毎月1回必ず来院してくれました。何種類か装置を変更しましたが、家庭のみでの装置の使用で学校や外出の際は使用していません。保護者の方の叱咤激励とお子さんのがんばりで、装着後約半年で改善効果が見られ一年後には奇麗な歯並びを獲得しています。この症例の方は、他の患者様と併せて日本小児歯科学会で発表を行いました。

予防矯正装置は適切な時期に指示どおりにしっかり使用くだされば、歯を抜いて行う矯正治療は回避できる可能性が高くなる方法です。毎日使用するのは勿論、毎月の来院と保護者の方も一緒に頑張っていただければおどろくほど効果がでます。お子さん任せにして保護者の方が介入しない、使用頻度が少ない、予約の日にいらっしゃらない方は残念ながら効果が上がりません。毎日指示どおりに装着し、指示通りの来院間隔でお越しくだされば効果が得られる方法なのです。


参考文献について
  • 黒須一夫:現代小児歯科学基礎と臨床,医歯薬出版,東京,1987.
  • 町田幸雄:乳歯列期からはじめよう 交合誘導, 一世出版 , 東京 ,2006
  • 山口秀晴 監修:知っててほしい 歯科矯正治療の基本, わかば出版 , 東京 ,2008
  • 望月清志 他:混合歯列期に機能的矯正装置を用いた咬合管理症例-上顎前突に対するTRAINERSYSTEMの活用-.第28回日本小児歯科学会関東地方会大会および総会,小児歯科学雑誌, 52:136, 2014
  • 望月清志、望月三香 他:混合歯列期の上顎前突と過蓋咬合に対する機能的矯正装置(TRAINERSYSTEM)の応用, 小児歯科臨床, 19:69-82,2014

前へ コラム一覧へ 次へ

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.