銀歯や歯肉が気になりませんか

保険の範囲内で虫歯治療を行うと、糸切り歯(犬歯)から後ろには歯を削った部分に金属の詰めものや被せものを入れます。保険治療の銀歯には、パラジウム合金、銀(シルバー)、ニッケルを使用します。パラジウムはヨーロッパでは車の車体やマフラーに使用する金属で硬く、銀歯と咬み合う歯が天然歯であれば歯が削れてしまう程強度のある金属です。シルバーは長期間口の中にあると黒く変色します。ニッケルという金属は装飾品にニッケルが含まれているとアレルギー性皮膚炎が発症することが良く知られています。銀歯は見た目が悪いという欠点以外にも金属アレルギーの原因になる可能性が示唆されています。金属アレルギーは金属に接触することでかゆみ・かぶれなどといった症状が出ることで、口の中で溶けだした金属イオンが唾液や血液に乗って全身に行きわたり、アレルギー症状を引き起こします。金属アレルギーは「遅延型アレルギー」の一つで、原因物質に触れてもすぐに症状は現れません。原因不明のかゆみ・かぶれなどが出てきたら、歯の詰めもの・被せものを疑う必要があるのです。また溶け出した金属イオンが歯肉の中に浸透し歯肉が黒く変色する場合もあります。

 

金属は口を開けたときにどうしても目立ってしまうので、「人前で大きな口を開けて笑えない」とお悩みの方がいらっしゃいます。見た目の解消と金属アレルギーを解消するため、自然な白さがあり強度のあるセラミック治療が広く受け入れられているのです。

ご予約について

WEBからご予約の方
歯科治療・矯正・審美歯科・フッ素塗布はこちらから
web予約はコチラから
お電話でご予約の方
横浜みなとみらいの歯科医院
フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

受付時間:平日10時〜19時(土曜のみ18時まで)

page up