Home治療について>一般歯科治療について

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
年末年始の休診日
12/28(金)午後〜1/4(金)まで

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。

歯周病とは、歯の表面につくプラーク(歯垢:細菌の塊り)によっておこる「歯の周りの病気」です。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎に分けられます。
虫歯とは、口の中に虫歯菌が生息していることが発生の条件になります。

歯周病治療について

歯周病とは、歯の表面につくプラーク(歯垢:細菌の塊り)によっておこる「歯の周りの病気」です。
歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎に分けられます。症状や病態により、いろいろな種類があり、精密な診査を行い原因を明確にして処置をしていく原因除去療法が基本になります。
歯周病は、歯が揺れて歯と骨(歯槽骨)との接触が無くなると、最後には抜け落ちてしまう病気です。歯科治療の中でもかなり厄介で、1本の歯が抜け落ちてもそれで歯周病が止まらないのが、この病気の特徴です。
初診時には、プラークの付着状態、ポケットの深さ、歯槽骨の吸収程度、歯の動揺、歯肉の炎症状態、咬合状態を診査します。診査結果をもとに処置内容を具体的にお話します。治療に対し理解と同意が得られた方のみ治療を開始していきます。

歯周病になった下の前歯の裏側と裏側について
歯の表側はきれいでも写真のように裏側にプラークや歯石が付着している方が多くみられます。歯周病は、治療時期・治療のタイミングを逃すと複雑な治療法を行わなければ治らなくなります。痛みを伴わず病気が進行する事が多いので、早期の治療と予防が必要なのです。
歯周病になった下の前歯の裏側と歯周病になった下の前歯の裏側の写真

page up

虫歯治療について

虫歯は口の中に虫歯菌が生息していることが発生の条件になります。
赤ちゃんにはもともと虫歯菌はいません。身近な大人から虫歯菌が感染するのです。また、歯の結晶構造が弱いと虫歯になりやすくなります。

虫歯菌のかたまりを『歯垢(しこう)』または『プラーク』と呼びます。(歯垢の中には、虫歯菌以外の細菌もたくさん住んでいます。)そこへ、食物(特にショ糖)が入ってくることで虫歯菌が食べ物の中の糖を取り込み、酸を産生、その後口の中を酸性にして歯の表面を溶かしていきます。これを『歯の脱灰』といいます。

食事をする度に目に見えないレベルで歯の表面は溶け、脱灰をおこします。
食事以外では、その間に排出された唾液によって口の中が酸性から中性に緩衝されます。また、唾液中のカルシウムやリンが溶けた歯に取り込まれ、以前と同じ状態に戻ろうとします。これを『歯の再石灰化能』といいます。この時、再石灰化する量より、脱灰する量が多ければ虫歯になるのです。

エナメル質内の虫歯について
痛みなどの自覚症状はありません。経過観察をするかコンポジットレジン(樹脂)による詰め物で治療します。
エナメル質内の虫歯

page up

象牙質におよぶ虫歯について
初期には自覚症状はありませんが、次第に冷たいものや甘いものにしみます。
後期になると暖かいものにもしみたり、痛みが持続してきます。虫歯を除去し、コンポジットレジン(下記写真参照:コンポジットレジン修復@〜B)や金属による被覆(インレーやクラウン)を使用して治療していきます。
象牙質におよぶ虫歯

page up

歯髄(歯の神経)に達する虫歯について
冷たいもの、温かいもので痛みがでます。
夜間寝ている時やお風呂に入って体が温まっても痛みがでます。次第に温かいもので痛みが増し冷たいもので痛みが和らぎますが、放置すると歯がぐらぐら揺れ、リンパ節が腫れる事にもなります。神経が腐ってきているので、神経をとり歯の根の中を消毒剤できれいにしていきます。
最終的にコンポジットレジンや金属による被覆(インレーやクラウンによる補綴処置)で治します。
歯髄(歯の神経)に達する虫歯

page up

感染根管治療(根の先端の病気治療)について
虫歯が進行して根の先の骨の部分に炎症が波及した状態です。
しみる、硬い物を噛むと痛む、歯が浮いた感じがする、歯肉を押すと痛む、歯肉の下のほうが腫れる、歯肉の下のほうから膿が出る、何もしなくても痛むなど症状がでることがあります。かぶせ物(クラウン)があればクラウンを壊し根の治療をおこないます。その場合は根の中に消毒剤を詰め、根の周りの骨の炎症を減らしていきます。
症状がひどい時は、歯を抜かなければなりません。
感染根管治療

page up

前歯コンポジットレジン修復@
下写真は、歯の中で進行している前歯の裏側の虫歯です。
前歯コンポジットレジン修復@

page up

前歯コンポジットレジン修復A
下写真はエナメル質下層の象牙質内で茶色い虫歯が進行しています。
前歯コンポジットレジン修復A

page up

前歯コンポジットレジン修復B
保険治療のコンポジットレジンで修復したところです。
前歯コンポジットレジン修復B

page up

病理組織写真
歯の根と根の中にある健康な歯髄(歯の神経)組織の病理写真です。歯の神経と呼んでいるものは神経組織だけでなく、細かい血管や神経組織、細胞から成り立っています。
病理組織写真
歯髄(歯の神経)に達する虫歯菌などの細菌感染により神経組織が炎症を起こしています。紫の細かい点は炎症細胞が現れ組織を破壊している状況を示しています。
病理組織写真

page up

歯の根の治療は時間も回数もかかります。
できるだけ歯の神経(歯髄)をとらずに、虫歯が大きくなる前に治療をおこなうこと。虫歯の予防を行うことが大切なのです。

ご予約について

WEBからご予約の方
歯科治療・矯正・審美歯科・フッ素塗布はこちらから
web予約はコチラから
お電話でご予約の方
横浜みなとみらいの歯科医院
フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

受付時間:平日10時〜19時(土曜のみ18時まで)

page up

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.