Home治療について>こどもの矯正(予防矯正)について

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
4月の臨時休診日
6日(金)、20日(金)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。

こどもの矯正(予防矯正)について

こどもの矯正は、咬合誘導、小児矯正、小児予防矯正ともよばれています。予防矯正は顎が小さく永久歯が並ばないときに顎を大きく広げ、奥歯を後ろに移動する治療です。予防矯正を頑張ると、永久歯を抜いて矯正する可能性は低くなります。咬み合わせが深い過蓋咬合や、出っ歯治療、反対咬合の場合の準備改善、口呼吸の改善、舌による飲み込みが悪い舌癖改善訓練も一部こちらに含まれます。小児矯正は床型(しょうがた)装置というプラスチックの一種のレジンと金属ワイヤーを上顎と下顎に別々に使用する方法、上下一体型の装置を使用する方法、金属のワイヤーと顎を広げるネジを一塊にして歯に接着する方法などがあります。骨格性の遺伝や、症例によっては顎外装置といってヘッドギアという帽子型の装置を使用しなければならない方もいますが、その場合は予防矯正ではなく本格的な矯正治療になります。
小児矯正(予防矯正)に使用する床型(しょうがた)装置は主に上顎と下顎別々に装着します。個々の症状に併せてオーダーメイドで作る装置ですので、お口の歯型を採ってから作製します。1〜2本の歯並びを矯正する場合も床型(しょうがた)装置を使用します。予防矯正は乳歯から永久歯に生え変わるタイミングが一番よく、全て永久歯(大人の歯)になってしまうと永久歯を抜いて、又は歯と歯の間を削って隙間を作り本格矯正を行う治療が多くなります。

床型装置

上の前歯を1歯前に出す床型装置

奥歯を青矢印間の距離で後ろに移動させた床型装置

黄色い円内と赤い矢印部に犬歯が生える場所を作るために
顎を広げる予防矯正装置

こどもの矯正(予防矯正)は乳歯だけの時か抜けかわりの途中で行うことが多く、顎の骨が成長発育を活発におこなう顎骨の発育が旺盛な時期の歯の抜けかわりのタイミングと顔面周囲の筋肉を利用します。そのため、永久歯がすべて生え揃った状態で顎の成長が止まってしまう年代では残念ながら予防矯正はできません。大人の歯を抜いて隙間を作るか、歯と歯の間を削って隙間を作り、その隙間の場所に歯を移動させる本格的な矯正治療をおこないます。

 

写真8は初診時が中学生、右上の前歯が1本裏側に生えた、八重歯、下の前歯がガタガタに並んでいるのを治療したいと本院に来院されました。上段横一列の写真が初診時の口腔内で上下の前歯がガタガタ並び、右上の前歯が一本内側に生えています。中段横一列の写真は上下左右4番目の歯を計4本抜歯した後、矯正ブラケットを装着し右上2番目の前歯を入れる隙間を作り手前に引っ張り出す準備をしています。最下段は矯正終了時の写真です。

写真8

初診時写真:右上の前歯が1本裏側に生えた、
八重歯、下の前歯がガタガタに並んでいるのを治療したいと本院に来院。


第一小臼歯の上下左右計4歯を抜歯して上下顎ブラケット治療を開始(左上下2枚)
右上2番目の前歯を入れるスペースを作り移動を開始した時(右上下2枚)


矯正治療終了時

 

写真9の上段と下段は当院に来院されている患者さんで、同一人です。上段は10歳11か月の時の写真、下段は一年後の11歳11か月時の口腔内写真です。上の前歯の出っ歯と、上下の深咬み、下の前歯がガタガタなのが気になると来院されました。上顎前突、過蓋咬合、前歯部叢生という診断名になります。矯正検査と分析を行った結果、条件に適合したので上下一体型のマウスピースタイプの装置を使用して予防矯正を行いました。夜間就寝時間と起きている間の1時間〜2時間使用を指示しました。何種類かの装置を毎日休む事なく使用しましたが、家庭内でのみの使用で学校や外出の際は使用していません。保護者の方の叱咤激励とお子さんの頑張りで、装着後約半年で改善効果が見られ一年後には奇麗な歯並びを獲得しています。写真10 は同じお子さんで上段は10歳11か月、中段は5か月後の11歳4か月、下段は11歳11か月の写真です。歯並びがダイナミックに改善されているのが確認できます。

写真9

10歳11か月初診時

11歳11か月予防矯正終了時

写真10


10歳11か月初診時



11歳4か月



11歳11か月予防矯正終了時

 

写真11は同じお子さんの口腔内模型と計測値です。日本小児歯科学会で発表を行い、その後、誌上発表(論文発表)に使用した計測写真になります。上段は顔面の右側からみた写真で、前歯の出っ歯改善が確認できます。下段は上下模型をそれぞれ咬む方向からみた写真で、下段左が10歳11か月時、下段右が11歳11か月時で、顎が広がり前歯が奇麗に並んでいるのが確認できます。

写真11

写真9,10と同一症例の口腔内歯列模型と計測値

写真12は他の症例で8歳のお子さんです。出っ歯が気になると来院されました。予防矯正用の装置を頑張って毎日使い5か月で主訴を改善しました。左側の口腔内写真と上段の模型写真をみて頂くと治療前後の様子がよくわかります。

写真12

8歳3か月 初診時の出っ歯と 8歳8か月出っ歯改善時

 

小児予防矯正に使用する装置は前述した床(しょう)型装置の他に上下一体型のマウスピースタイプ、顎に拡大ネジを固定接着して広げる装置など様々です。写真13は小児予防矯正に使用する装置の一部で、上段は80年程前からある機能的矯正装置とよばれる硬質レジンで作製する装置、中断は上顎の歯にネジを固定し顎を拡大する装置、下段は最近開発されたT4K、プレオルソとよばれる装置になります。下段の装置は、装置の効果を確認するため院長の家族、親族の歯並びの悪いこども達に用いました。その結果から効果の確認を得られた装置のみを本院では使用しています。

写真13

機能的矯正装置

固定性拡大装置


T4K、プレオルソ装置

予防矯正は毎日使用するのは勿論、指定した日時に来院し保護者の方も一緒に頑張っていただければ効果がでます。今までの経験から申し上げると、予約の日に無断キャンセルされる方や、保護者の方がお子さんをしっかりコントロールできないご家庭では、残念ながら良い結果は得られていません。適切な時期に指示どおりにしっかり行っていただければ、歯を抜いて行う矯正治療は回避できる可能性が高くなります。

 

参考文献について

1) 黒須一夫:現代小児歯科学基礎と臨床,医歯薬出版,東京,1987.
2) 町田幸雄:乳歯列期からはじめよう 交合誘導, 一世出版 , 東京 ,2006
3) 山口秀晴 監修:知っててほしい 歯科矯正治療の基本, わかば出版 , 東京 ,2008
4) 望月清志 他:混合歯列期に機能的矯正装置を用いた咬合管理症例-上顎前突に対するTRAINERSYSTEMの活用- .第28回日本小児歯科学会関東地方会大会および総会,小児歯科学雑誌, 52:136, 2014
5) 望月清志、望月三香 他:混合歯列期の上顎前突と過蓋咬合に対する機能的矯正装置(TRAINERSYSTEM)の応用, 小児歯科臨床, 19:69-82,2014

>>治療費についてはコチラ

page up


フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.