Home>院長から皆様へ

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
9月の臨時休診日
20日(木)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。

院長から皆様へ

噛む事は脳を活性化する

 

院長の望月清志と申します。私は東京歯科大学小児歯科学講座に常勤として在籍中の一時期に、口腔内の感覚、特に食事や歯を噛みあわせた際に脳にどのような影響を与えるのかを解明する脳磁図研究プロジェクトの1チームのリーダーとして、大学と文部科学省のジョイント研究に携わっていました。歯と骨は直接くっついているのではありません。歯の根と骨の間には歯根膜という柔らかい組織が介在しクッションの役目をしています。この歯根膜は神経線維と毛細血管と歯と骨をつなぎ止める繊維が豊富に存在し、食事をする時や歯を噛み合わせることでその情報が電位刺激として歯根膜から瞬時に脳のある特定部位に投射されることが研究結果から解明されました。情報が投射された脳の部位は脳表面から深部にわたる体性感覚野と呼ばれている領域です。この領域の最深部は、海馬という記憶を司る区域に近接しています。ご自身の歯で噛むことは、食物の栄養を取り込むためだけでなく脳の重要領域に近い部分にその刺激を投射しているのです。いま流行の人口歯根と呼ばれるインプラントは骨とインプラントが直接接合するため歯根膜の介在がありません。そのため、歯を噛み合わせても脳へ電位情報が投射されないのです。ですので、ご自身の歯で食事をすることは脳の活性化を促すためにもとても重要なことであると考察できるのです。

皆さんのお口の中は?

 

ムシ歯や歯周病は早期に治療し、定期的に予防を行えば歯を抜かずにすみます。TVのコマーシャルでムシ歯予防や歯周病予防の歯磨きペーストと歯ブラシの宣伝が頻繁に放映されていますが、そのような商品を使用して小さい頃から歯みがきをしていたのに、歯医者さんには嫌々ながらもたくさんお金と時間をかけたのに、高価な電動歯ブラシを購入したのにもかかわらず、もしかしたらすでに何本かの歯がなくなっていて入れ歯やブリッジが入っている状況ではないでしょうか。入れた詰め物が歯からとれた時だけ歯科医院を受診していませんでしょうか。治療が終わっても定期検診をせずに痛くなるまで、歯が揺れて噛めなくなるまで放置していませんでしょうか。その結果どうでしょう。現在のご自分の口の中を鏡で見てください。

自信をもって他人に見せることができますでしょうか?

銀歯やプラスチック等いろいろな種類のものが入っていませんでしょうか?

ムシ歯予防や歯周病予防は子供のときから定期的に行わなければ高い効果は得られません。また歯磨きだけではムシ歯予防の効果は半減してしまいます。何が足りないのでしょうか。

なぜ歯がなくなるのでしょう

 

日本以外の先進国では歯医者さんの利用のしかたが日本と大きく異なります。日本では歯科健診でムシ歯が見つかるか、詰め物が外れるか、痛くならないと歯医者さんには行きません。ところが他の先進国では普段から定期的に歯医者さんに通い、フッ素で歯質を強化することを柱にムシ歯予防を行っています。新たにムシ歯ができていないか、経過観察中のムシ歯は治療が必要な段階まで進行していないかの確認のために歯医者さんを受診するのです。歯周病についても同様で、定期的に歯科に通って自分なりの歯磨きでは落ちない歯垢(細菌の塊)歯石を歯科衛生士さんにとってもらうなどの処置をうけます。歯周病による口臭は他の人が気づいても本人にはわかりません。歯周病の原因となる細菌と歯石を除去しなければ根本的に臭いは減少しないのです。そのため他人だけでなく恋人と家族にも不快感を与えたくないという口臭エチケットの概念が強くあるのです。

日本人はどうして年をとると、歯がなくなるのでしょうか?日本では計画的なムシ歯予防を行わないために簡単にムシ歯が発生するのです。一度ムシ歯になり削った歯は元通りにはなりません。何年かすると治療した歯がまたムシ歯になり、これを何回か繰り返した末、歯の神経治療を行い、歯が割れて抜歯になり歯を失う経過をたどることが多いように思われます。ムシ歯以外に歯がなくなる原因は歯周病です。歯周病原菌は歯の周囲の骨と歯肉組織の神経を麻痺させる毒素をだします。そのため歯周病は痛くなく進行し、歯の根の周囲の骨や歯肉を破壊して最悪の場合、自然に歯が抜け落ちてしまうのです。

お口の中の環境はとても厳しく、歯は常に様々な刺激にさらされています。80度のお茶が入ってくる、アイスクリーム等の冷たい食品、激辛ラーメン等の辛い食品、酸性やアルカリ性の飲料や食品がお口の中に入り、さらに歯に咬む力(80-100kg)が加わります。このような刺激に耐えられる変質しない生体組織などあるでしょうか? このような状況から歯を守るには、フッ素を定期的に歯に塗布し歯質を強化すること、ムシ歯菌と歯周病菌から歯と歯肉を守るための定期的なケアが必要なのです。

歯を守る効果的な予防法

 

先進国の中には水道水や食塩にフッ素を添加し、フッ素錠剤の服用や、ミルクにもフッ素を添加して自然に体内から歯に取り込まれる予防プログラムを行っている国が存在します。その延長線上にキシリトールのガムやキシリトールの飴を使用してムシ歯リスクをさらに低減してもいるのです。積極的にフッ素を多数有効利用して歯質の強化をはかることでムシ歯予防を行い、医療費の抑制を行っています。日本のように国家的なフッ素プログラムがない中でコマーシャルに流されて単発にキシリトールのガムや飴を使用しても、残念ながらその効果はわずかなのです。キシリトールだけでムシ歯の発生を抑制させるためには高濃度のキシリトールが必要で、キシリトールのみのムシ歯阻止有効濃度では下痢等の副作用が発現します。

保険治療ではムシ歯の多いお子さんへ(う蝕多発者と区分されます)のフッ素塗布等は認められていますが、予防のフッ素は保険が使えませんので自費料金になります。また保険のフッ素は回数が規定されているためムシ歯の発生を食い止めることが難しいのです。当院での予防のフッ素塗布は皆様が思っているほど多額の費用は発生しません。お子さんが将来ムシ歯や歯周病になり歯科医院で時間とお金をかけることを考えれば低額の予防処置の費用で歯と歯肉を守ることができるのです。そして、お子さんの口腔内とライフスタイルに合わせたオーダーメイドのフッ素予防プログラムを利用することも可能です。フッ素の種類や効能はPCホームページ内の「歯のまめ知識 コラム」をお読みください。

成人の方へのフッ素塗布の有効性も調査研究が発表されています。大人の方も治療が終わったからと安心せずに、ぜひ定期的な検査とケアを受けてください。そして皆様のお子様やお孫さんに、治療の苦痛と苦労を経験させないようフッ素塗布予防プログラムを受ける機会を与えてあげて下さい。

成人の予防法の選択肢として

 

当院は保険治療の他に成人の方を対象に自費診療の一部として自費のクリーニングとホワイトニングを取り入れています。保険治療は疾病保険ですのでフッ素と同様、予防のクリーニングも自費治療になってしまうのです。自費のクリーニングは保険では使用できない器具と薬剤で歯の汚れをとり、歯肉や舌などの粘膜組織も薬剤で清掃していきます。ホワイトニングは単に歯を白くするのではなく、日本人の肌色にあう透明感のあるホワイトニングを行っています。日本人の歯の色は黄色や暗い色調の方が多く見受けられます。ホワイトニングをして見た目の白さのみで満足される方は少なく、白くなった後に汚れの再付着状態が明確になりますし、ホワイトニングを行った歯にミネラル供給やフッ素塗布を行うことでムシ歯や歯周病の予防も行うことができるのです。ムシ歯や歯周病のチェックもあわせて行いますので定期的に通院される方がほとんどです。当院で行うホワイトニングには白さ結果保証があり、ご満足いただけなければ返金する制度もございます。ホワイトニングは残念ながら妊娠中の方と授乳中の方には行えませんのでご了承ください。自費診療のホワイトニングとクリーニングにつきましては無料相談で対応いたしますので、ご興味あればご予約ください。

自費診療はすべて同意書をいただかなければ開始いたしませんし、保険治療での歯石除去とムシ歯治療は基本原則として行っておりますのでご安心ください。

保険治療をご希望の方は必ず保険証の提示をお願いいたします。保険治療も自費診療も治療時間をしっかり確保して行うため予約優先で行いますので、この趣旨にご賛同いただき当院をご利用くだされば幸いです。

参考文献について
  • 参考文献:PDF Biomag参照

  • 1)Mochizuki, K., Sekine, H., Shibukawa, Y., Shintani, M., Yakushiji, M., Suzuki, T. and Ishikawa, T.:
    Magnetoencephalographic representation of the periodontal sensa-tion from bilateral maxillary permanent canine teeth in human primary somatosensory cortex,Proceedings of the 13th International Conference on Biomagnetism, VDE Verlag, Berlin,430〜432, 2002.(13th International Conference on Biomagnetism (BIOMAG 2002), Jena, Germany )

page up

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.