Home>治療費用について

診療スケジュール

×
診療時間
10:00〜19:00/月〜金
10:00〜18:00/土のみ
休診日
日曜日・祝祭日
9月の臨時休診日
20日(木)

ホワイトエッセンスホームページよりご予約ができます。

各治療に関する疑問や質問をまとめました。

  • 治療に関する質問や疑問について

知らないことが続々発見!

地図や電話番号などの情報を携帯で簡単に見られるようになりました!

休日及び夜間救急診療については、横浜市中区の横浜市歯科保健医療センターにて行っております。
緊急の場合は下記連絡先までお問い合わせ下さい。

治療費用について

最適な治療を行うために、知ってほしいこと。


病気を治すことだけであれば保険治療の対象になりますが、残念ながら、保険治療で使用できる材料や治療の手順も法律で規定されており、患者様の痛みや治療すべき箇所に最適な治療ができない場合があります。保険が利かないことで経済的にも多少の負担がかかりますが、時間をかけてしっかりとカウンセリングを行うことができるので、あなたにあった最適な治療ができるメリットがあります。

ここでは、一般的な治療をした場合での料金を掲載しております。

※治療内容によって料金が異なります。詳しくは、直接クリニックにてお問合せください。

保険治療の場合
保険治療は疾病保険です。
下記治療費は自己負担3割の方で試算した窓口負担金になります。
コンポジットレジン修復の場合 2,000円前後
インレー修復(臼歯一部金属被覆)の場合 3,000円前後
クラウン修復(臼歯全部金属被覆)の場合 5,000円前後
ジャケットクラウン修復
(前歯の全部プラスチック被覆)の場合
6,000円前後
前歯全部被覆冠修復
(金属の裏打ち・見える範囲がプラスチックでの被覆)の場合
8,500円前後
歯周治療(歯石とり)
3,000〜
4,500円前後(※)

※歯周治療については、歯周病が軽度な場合で2日間での窓口負担となります。
また、虫歯予防などの予防治療には保険は適用外になりますので、ご注意ください!!

page up

保険外治療の場合
保険適応外の治療の場合、保険の場合と比べ負担額が増えますが、そのぶん患者様に最適な治療が可能となります。
また、保険治療で使用するコンポジット修復よりセラミックスなどの強度が強く、着色変化の少ない材料が使用可能となります。
セラミックス治療は、セラミックスの種類(混ぜ物のセラミックスと純度の高いセラミックス)により料金体系が変わります。
前歯セラミックスの場合*1 50,000〜120,000円
臼歯セラミックス
(一部被覆:インレー)の場合*1
18,000〜50,000円
臼歯セラミックス
(全部被覆:クラウン)の場合*1
80,000〜120,000円
矯正相談料 無料
矯正検査・診断料 25,000〜35,000 円
部分矯正治療 120,000円〜
小児床型矯正装置(取り外しの装置) 75,000円〜
小児矯正治療
(乳歯列から永久歯列まで:1期治療)の場合
※模型料・装置料込み
350,000円
小児矯正治療
(永久歯:2期治療)の場合
※模型料・装置料込み
400,000円
成人矯正(片顎のみ)の場合
※模型料・装置料込み
400,000円
成人矯正(全顎)の場合
※模型料・装置料込み
700,000円
クリアアライナー(全顎用)
※模型料・装置料込み
450,000〜700,000円
ホワイトニング・クリーニング ホワイトエッセンス式ホワイトニング8,000円〜17,139円ホワイトエッセンスメニュー詳細は
ホワイトエッセンスよりご参照下さい。
(税抜き)

*1み合わせの状態、部分被覆・全部被覆などの被せる範囲、材料・材質で料金が変わります。また、土台から作り直す場合や型取り代、仮歯代は別途料金が発生します。

矯正治療を行う場合、処置観察料として(矯正器具の調節料とお口のクリーニング、歯ブラシ指導料などの口腔衛生管理料)別途3,000円〜5,000円/月(税抜)が発生します。また、使用材料により別途料金が発生する場合がありますので、ご注意ください。
舌側矯正を希望される方は上記矯正料金に別途費用が発生します。

セディナ(Cedyna)デンタルローン」がご利用になれます。

セディナ(Cedyna)は三井住友ファイナンシャルグループが運営する日本最大級のコンシュマーファイナンスカンンパニーです。

各種クレジットカードのご利用が可能です。

page up

治療費の医療控除について
医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日に支払った医療費がある場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
医療費控除の対象となる金額は

* その年中に支払った医療費の総額-医療費を補填する保険金等の金額=A
* 10万円か、もしくは総所得金額等の5%※注のいずれか少ない方の金額=B
* A-B=医療費控除額(但し、最高200万円)


※注
給与所得しかない場合は、給与所得控除額後の金額×5%

  1. 生計がひとつであれば扶養の有無は問わない。
  2. 親族の範囲は6親等内の血族、3親等内の姻族。具体的には、本人・配偶者・子供・兄弟姉妹・両親・祖父母等親族で生計を一緒にしている人全て。
  3. その年の元旦から大晦日までの1年間に支払った医療費が対象。
  4. 未払いはダメ。
  5. 健康保険法の規定による高額療養費、出産育児一時金等や生命保険契約等の給付金は控除するが、傷病手当金や出産手当金は差し引かなくてもよい。
  6. 所得が少ない場合は10万円以下でも医療費控除が受けられる場合がある。
  7. 最高限度額は200万円。
  8. 医療費控除の対象になる医療費は消費税等込みで計算する。
  9. 医療費控除は勤務先での年末調整では行えないため、確定申告が必要。
  10. 共稼ぎの場合は医療費の負担者が明らかでない限り、所得税の税率が累進税率であるため、通常、所得の多い方が医療費控除を行った方が有利。
  11. 還付申告書は所得税が納め過ぎになっている年の翌年2月15日以前でも提出することができる。
  12. 申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができる。

<医療費の領収書は大切に保管しましょう!>


医療費控除を受ける場合、医療費の領収書を確定申告書と一緒に添付するか提示しなければなりません。領収書が無いと、税務署に対して説明して、納得してもらうことが必要になります。なので、例えば家計簿や医療費用のノート等を作って、治療を受けた方の氏名、支払年月日、支払先、支払金額などの明細を記録しておくと便利です。

<歯科で医療費控除の対象となるものは?>


一般歯科治療はもちろんですが、インプラントや歯列矯正、審美歯科治療なども医療費控除の対象になります。ホワイトニングは対象とはなりにくいようですのでご注意下さい。

<成人矯正や美容目的のものは適用されないのでは?>


原則的には、容貌を美化したりするためなどの審美、矯正費用は医療費控除の対象にはなりませんが、大人でも審美的に良くすることだけが目的でなく、咀しゃく障害の改善を主な目的とするのであれば医療費控除の対象になります。審美歯科治療や歯列矯正をする大抵の人は歯並びが悪い為、咀しゃく障害や、噛み合わせの改善が認められます。 実際には、専門医の診断書があれば100%認められます。確定申告のときは、公民館などで出張受け付けをしてくれますが、市役所のお役人など詳しくない人が受け付けをすると、認められない場合がありますので、ご注意ください。また、成人矯正の場合は税務署が美容整形の範疇で捉えることがありますが、その場合も診断書を添付していれば万全です。

<治療のための通院費も医療費控除の対象となります!>


通院や入院時の交通費で、交通機関などを利用した場合は人的役務の提供の対価ですから医療費控除の対象になりますので、その都度、日時、経路、運賃をメモしておきましょう。小さいお子さんの通院のためにお母さんが付き添いで通院される場合、お母さんの交通費も通院費に含まれます。ただし、マイカーのガソリン代や駐車料金は通常、対象にはなりません。

<医療費をローンなどで支払った場合は?>


矯正などの歯科治療費をデンタルローンで支払う場合も、医療費控除は適用されます。デンタルローンは、患者さん側が支払うべき治療費を信販会社が立替えて一括で支払う形になり、その立替え分を患者さんが分割で信販会社に返済してゆくものです。したがって、信販会社が立替え払いした金額は、その患者さんの立て替え払いした年の医療費控除の対象になるのです。 なお、デンタルローンを利用した場合、患者さんの手元に歯科医院の領収書がないこともありますが、その場合は、医療費控除を受ける時の添付書類として、デンタルローンの契約書の写しを用意してください。

(注)金利および手数料相当分は医療費控除の対象になりませんので、ご注意ください。

<医療費控除は誰が申告するのがいいの?>


医療費控除の申告は、ご家族の中で所得の多い方がされたほうがお得になります。所得の多い人ほど税率が高いですから、控除を認められれば返還額も大きくなります。
日本の所得税は、超過累進税率となっておりますので、所得が高い人ほど、税金が高くなっています。つまり、所得の高い人が医療費控除を受ければ、一番節税効果が高くなることになるのです。同じ100万円の医療費控除を受けるにしても、10%の所得税率適用の人は、10万円なのに対して、40%の所得税率適用の人は、40万円の節税効果となります。
この申告方法は、医療費の場合だけでなく、その人から控除可能な所得控除全般に言えることですので、みなさんも一度、所得控除(特に医療費控除と扶養控除)を誰から控除したらよいのか検討してみてください。

<控除を受けるための手続は?>


医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。
あわせて、医療費の支出を証明する領収書などを申告書に添付するか、申告の際に提示してチェックを受けてください。
交通費などの領収書がでない場合は、支出を証明するものとして、ノートなどにまとめたものを添付してください。
また、給与所得のある方は、上記種類のほかに給与所得の源泉徴収票も必要になりますので、
源泉徴収票の原本も添付してください。

<注意事項は?>


1.治療中に年が変わるときは、それぞれの年に支払った医療費の額が、各年分の医療費控除の対象となりますので、高額な歯科治療費の場合は年をまたいで分割して支払いするよりも、まとめて1年間で支払ってしまい、申請したほうがお得になります。
2.健康保険組合などから補てんされる金額がある場合には、医療費から差し引く必要があります。
もっと詳しく知りたい人は国税庁のホームページhttp://www.nta.go.jp/をご参照ください。

ご予約について

WEBからご予約の方
歯科治療・矯正・審美歯科・フッ素塗布はこちらから
web予約はコチラから
お電話でご予約の方
横浜みなとみらいの歯科医院
フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

受付時間:平日10時〜19時(土曜のみ18時まで)

page up

フィルミーデンタルクリニック ホワイトエッセンス

診療時間 平日10時〜19時
(土曜のみ18時まで)<各種保険取扱い>

Copyright (C) filmee Dental Clinic Whiteessennse All Right Reserved.